プログラム


1. プログラムの狙い

 

金融は新たな転換期を迎えようとしている。

資本主義経済の血流ともいうべき「お金」を経済システムに循環させる役割を担う金融は、グローバル化し巨大化し、実体経済を支える脇役から、実体経済を超えそれを左右する巨大な存在となり、幾多のバブルとその崩壊・危機、それを踏まえた規制の強化を乗り越えて、むしろその存在感を強めてきた。その過程で、金融は常に最先端のテクノロジーをとりこみ、米ソ冷戦終結に伴うロケットサイエンティストのウォール街進出によるデリバティブや証券化市場の拡大、近年ではFinTechの潮流の中でAIやビッグデータ、ブロックチェーン、電子決済や仮想通貨など数々の技術革新をとりこんでますます巨大化・多様な顔を見せはじめつつある。

本プログラムでは、そうした過去から現在にいたる金融の全体像を理解し、遠い将来でなく近未来の金融市場・金融システムを支えるであろう最先端の技術、それらを使いこなし、人々の暮らしに役立てるための取り組み、そこに横たわる諸課題について考えることを通じ、金融システム・金融ビジネスのディスラプションの視点も踏まえて、様々な分野でこれからの金融システムを創造し主導していく次世代人材を育成することを狙いとしている。

 

2 .概要

実体経済と金融の関わり、資本主義における金融の役割、技術と金融の融合、などについて理解し、思考し、プログラムの後半では近未来の金融システムにおいて各参加者が果たす役割にどのようなものがあるか、具体的に構想し、金融システムを創造するアクションに結びつけられることを狙いとし、理論と実践に重きを置いたオムニバス形式の講義プログラムとする。講師には各分野で最先端を開拓し、現実にディールをドライブしている日本を代表する研究者・実務家を起用。それぞれの分野の空気に触れる機会を提供する。とくに後半ではパネルディスカッションの形式も取り入れ、座学にとどまらない講師・受講生の間のディスカッションを通じて、講師・受講者相互または受講生間のネットワーキングにも資する枠組みをとりいれる。このため、受講生には単なる聴講にとどまらない積極的な参加を期待する。


3. 受講に必要な(事前の)基礎知識、スキルなど

本プログラムの参加者は、東京大学大学院「システム創成学特別演習4C 近未来金融システムの創成」(全13回)における「指定討論者」または「指定質問者」となる意欲と資質を有することが求められる。


4. 教科書

受講が認められたものに対し、4月28日(火)の受講日までに課題図書および推薦図書のリストを配布する。課題図書は、各回の講義受講の前提となる基礎的内容に関する基本教科書と位置づけ、それらを事前に読んでくることを前提に講義を行う。